地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、伊丹市ポータル「いたみん」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

伊丹市ポータル「いたみん」

男と女の「おかしな!?」ハナシ

夫がいないのに、まだ「嫁」?

あなたの身の回りにも時々起こる、
「これってどうなの?」
「おかしくない?」という話。
このコーナーでは、毎回、
「男と女のちょっとおかしな!?ハナシ」を、つぶやいてもらいます。

夫がいないのに、まだ「嫁」?

今回のつぶやき主は、夫と死別して5年になるアサミさん。
親戚関係のことについて、役所に勤めている親友のユウカさんに
相談しています。
ユウカ :ケイジさんが亡くなって5年になるのね。
     そろそろ、再婚のことを考えても良いんじゃない?

アサミ :実はね、気になる人がいて、お付き合いしても良いかな~なんて(笑)。

ユウカ :わ~、ステキじゃない!
     良い方向に進んで欲しいなぁ~。

アサミ :ところがね、ケイジの親戚に厳しい叔父がいて、
    最近認知症になった義父の介護をするよう、毎日のように連絡が入るのよ。
    「長男の嫁の義務だ!」って。

ユウカ :えっ、そうなの!?
     義理のお父さんって、「2人の結婚は絶対に認めん!」って
     全く口を利いてくれなかった人でしょ?
     法律上、特別な場合を除いて、妻には夫の親の扶養義務は、本当は無いのよ。
アサミ :知らなかったわ。
     でも、それを伝えても、納得するような叔父じゃないけど・・・。

ユウカ :じゃあ、市役所で「姻族関係終了届」を出してみてはどう?
     再婚を考えているなら、なおさら、
     嫁としての務めをいつまでも押し付けてくる親戚との関係は、
     整理しておくべきだと思うけど。
     親しくしたい親戚とは、今まで通りお付き合いを続ければ良いんだから。

アサミ :そうね、気持ちの上でも解放されるかも。
     いつも相談にのってくれて、ありがとう。
◆アサミのつぶやき・・・
ユウカのアドバイスは、とても心強くて、す~っと気持ちが楽になったわ。
市役所に行って、「姻族関係終了届」について、聞いてみることにしよう。

◆ユウカのつぶやき・・・
結婚したらそこの家の人間になるという、「家」制度に基づく古い考え方の親戚がいると、とても辛いわね。
離婚なら姻族関係は自動的に消滅するんだから、死別で「姻族関係終了届」を提出することに対し、罪悪感を感じなくても良いのよ。

◆ケイジの従妹・フミカのつぶやき・・・
叔父さんったら、ケイジくんが亡くなっても、まだ当然のようにアサミさんに嫁役割を押し付けて、あれではアサミさんが可哀想だわ。
結婚は個人と個人の結び付きなのに・・・。
私、自分の結婚相手を決める時は、親戚の人もチェックしちゃいそう。
【ミニ知識】   

~姻族関係終了届~              
 
結婚すると法律上、配偶者の父母や兄弟などの間に「姻族」と呼ばれる関係ができ、親戚となる。 
離婚した時には、「姻族関係」は自動的に消滅するが、配偶者が亡くなった場合には、「姻族関係」は継続するので、終わりにするには生存している配偶者が「姻族関係終了届」を提出する必要がある。
「姻族関係の終了」には血族の了解は不要で、本人の意思で自由に決めることができる。
「姻族関係」が終了すれば、家庭裁判所に持ち込まれても、扶養義務を追う必要はなくなる。
なお、「姻族関係終了届」を提出して姻族関係を終わりにしても、戸籍も姓もそのままの状態であり、もし結婚前の姓や戸籍に戻りたい場合には、「復氏届」の提出が必要になる。

横からちょっと言わせて

専業主婦もパートも経験した<br>関西学院大学人間福祉学部教授<br>今井小の実さん
専業主婦もパートも経験した
関西学院大学人間福祉学部教授
今井小の実さん
実は先日、夫の実家で、義母から親戚の男性たちの早死の話を聞きました。
それによると、夫の父方の親戚のほとんどの男性は70歳までに亡くなっているということです。
アサミさんのオハナシは決して他人ごとではありません。
また男性と女性の平均寿命の差も考えれば、アサミさんになる可能性の女性は私だけでなく、結構いらっしゃるのではないかと思います。
明治民法が創設した家族制度は、戦後の民法の誕生で無くなったはずでした。
とはいえ、少子高齢化が進むこんにち、「元」であれ、「現」であれ、つい「身内」の女性に頼りたくなるのもわかります。
叔父さんは、自分の身に降りかかってきそうな火の粉を振り払うのに必死だともいえますよね。
過去の亡霊を蘇らせない唯一の方法は、「ケアの社会化」の発展と充実、これにつきます。
原稿担当 : NPO法人 あなたらしくをサポート(愛称:らしーく)
イラスト : 林やよいさん

★「男と女のおかしな!?ハナシ」が、イラストカレンダーになりました。
お問い合わせは、
こちらまで。

PICK UP 伊丹のお店 ~暮らし・相談~