地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、伊丹市ポータル「いたみん」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

伊丹市ポータル「いたみん」

ここどこ?

第20問 ここど~こだ?

同じ写真を撮って賞品をGETせよ!!

編集部が伊丹市内のどこかで撮った写真を見て、ピン!っときたら、同じ場所、同じアングルで写真をとって編集部まで送ってください。
先着1名様に毎回豪華賞品があたる!という太っ腹コーナー。

今回の賞品は、小西酒造株式会社様から、 上撰白雪純米酒クラシック白雪 昭和の酒 720ml瓶詰(1本)(985円<税別>相当)のプレゼントです。
<今回のプレゼント>
ただいま好評発売中の純米酒「上撰白雪純米酒クラシック白雪 昭和の酒 720ml瓶詰 」です。

昭和初期の味わいを再現したコクのある濃醇な味わいです。 純米酒ならではのコクと良い香りがします。 季節の食材と共に食中酒として最適です。

懐かしさを感じるレトロなパッケージデザイン、香りと味のバランスは明治、大正生まれの父親たちが愛飲した酒を思わせる懐かしさが漂います。

この上撰白雪純米酒クラシック白雪 昭和の酒 720ml瓶詰(1本)(985円<税別>相当)を先着1名様にプレゼント!いたします。
ブルワリービレッジ長寿蔵
ブルワリービレッジ長寿蔵
★プレゼントをご提供いただいたのは小西酒造株式会社様。

ご存知、小西酒造株式会社は、創業1550(天文19)年創業の伊丹の老舗酒造会社です。
460年もの歴史を刻んできた小西酒造の企業マインドは「不易流行」。「不易」とは、永遠に変わらない昔から今に続く芸術の精神を指し、「流行」とは、時代に応じて変化するものを指します。その精神のもと、酒造りに取り組み続けています。
1635年(寛永12年頃)、江戸へ酒樽を運ぶ途中、小西家二代目宗宅は雪をいただいた富士の気高さに感動、清酒が「白雪」と名づけられました。今も変わらぬ淡麗な味わい「白雪」は日本の清酒を代表する日本最古の蔵元です。

「白雪」をはじめ、小西酒造のお酒を楽しめるのがブルワリービレッジ長寿蔵。清酒発祥の地 伊丹の酒蔵をそのままに利用して造られた、地ビールと日本酒のアミューズメント施設です。醸造酒の文化と酵母菌の不思議で素晴らしい世界を目と耳と口で楽しめます。

※今回の当選された方には「ブルワリービレッジ長寿蔵」にてプレゼントを受け取っていただきます。

  
「いたみん」をご覧のみなさん、下の写真の場所を見つけて

上撰白雪純米酒クラシック白雪 昭和の酒 720ml瓶詰をGETしましょう。

さぁ、始めるよ!先着1名様限り!早いもの勝ちですよ!


ここど~こだ?<br>長~い鼻につぶらな瞳と長~い牙、そして大きな耳・・・私はだ~れ?
ここど~こだ?
長~い鼻につぶらな瞳と長~い牙、そして大きな耳・・・私はだ~れ?

きたーーーーー!!!!!!

正解者現る!!!!!
「あそか苑」です。<br><br>正解者:「シグマ」さん
「あそか苑」です。

正解者:「シグマ」さん

中野西にある特別養護老人ホーム 「あそか苑」のエントランス前には、この3体の象の石像があります。
この象の親子(?)像に癒される方も多いはずです。

正解者の「シグマ」さんに、上撰白雪純米酒クラシック白雪 昭和の酒 720ml瓶詰(1本)をプレゼントいたします!